トップページ > MCI 軽度認知障害

MCI:軽度認知障害

MCI(軽度認知障害)とは?

MCI(Mild Cognitive Impairment)とは軽度認知障害のことで、健常者と認知症の人の中間段階(グレーゾーン)にあたり、簡単にいうと認知症予備群の状態と言えます。MCI(軽度認知障害)の段階では、まだ問題なく日常生活を送ることができますが、5年間で約半数の方が認知症になるかもしれない危険な状態です。 ※厚生労働省の発表によると、2025年には65歳以上の高齢者のうち認知症の人は約700万人(5人に1人)に増加すると予測されています。

65歳以上の5人に1人は、認知症

MCIの定義

  • 1.記憶障害の訴えが本人または家族から認められている
  • 2.日常生活動作は正常
  • 3.全般的認知機能は正常
  • 4.年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する
  • 5.認知症ではない
アルツハイマー病発症までの経緯

MCIスクリーニング検査(血液検査)

認知症の原因となる特定のたんぱく質の血中濃度を調べます
認知症の中で最も患者数が多いアルツハイマー病は、脳内に「アミロイドβペプチド」が蓄積し、神経細胞に障害を起こすことが原因です。
MCIスクリーニング検査では、この「アミロイドβペプチド」に関わる血液中のたんぱく質を調べることで、MCIの可能性を調べます。
※MCIスクリーニング検査は、ごく少量の採血のみで検査が可能です。約10ccの血液を採取するのみですので、患者様にご負担をかけることなくMCI(軽度認知障害)の有無を調べることができます。

MCI検査によるリスク判定は4段階

APOE遺伝子検査(血液検査)

アルツハイマー病や高齢者の認知機能低下に関与すると言われている重要な遺伝子の1つに、アポリポ蛋白E(ApoE)を作り出すAPOE遺伝子があります。
APOE遺伝子検査では、APOE遺伝子の型を調べて、認知症の発症リスクを推定します。
アポリポ蛋白E(ApoE)は「アミロイドβペプチド」と結合して、蓄積する物質の一つと言われています。この作用の強さがAPOE遺伝子の型によって異なると考えられています。
APOE遺伝子の型にはAPOE2(ε2)、APOE3(ε3)、APOE4(ε4)があり、APOE遺伝子型ε4を多く持つほど、APOE遺伝子型ε2、ε3だけを持つ場合と比べてアルツハイマー病等のリスクが高まります。
但し、APOE遺伝子型ε4を持つことにより、必ずしもアルツハイマー病を発症するわけではありません。生活習慣の改善などで発症を低減することもできます。

※ε4を一つ持っている人で3.2倍、ε4を2つ持っている人で11.6倍発症のリスクが高まるというデータがあります。
※APOE遺伝子検査は、ごく少量の採血のみで検査が可能です。約5ccの血液を採取するのみですので、患者様にご負担をかけることはありません。

MCIと診断されたらどうなるの?

MCIと診断されたからと言って認知症になることが確定したということではありません。認知機能の低下に対する適切な対策と予防を行うことで、認知症を発症しないままでいられることもあります。食習慣を見直し、定期的な運動習慣で脳の生理状態を良好に保ったり、いろいろな人とコミュニケーションをとり、頭を使って行動したりすることで認知機能の改善や維持を図りましょう。とくに生活習慣病はしっかり治療しましょう。

早期発見の重要性

現在治療や投薬により認知症の進行を遅らせることはできても、完治することはできません。そのため、MCIの段階で認知機能の低下にいち早く気づき、予防対策を行うことで、症状の進行を阻止することが大切です。最近の研究では、認知機能低下に対する適切な対策を行うことで、MCIになったとしても、認知症の発症を防いだり、発症を遅らせることがわかっています。 しかし、自覚症状がないため認知症になってしまう方が多いのが現状です。したがって、認知症予防のためには、自覚症状のないうちから定期的に検査を受けることが重要です。

検査料金のご案内(税抜)

MCIスクリーニング検査 20,000円
APOE遺伝子検査 18,000円
MCI検査+APOE遺伝子検査 36,000円

※検査を受けられた方には「認知症予防マニュアル」を無料進呈致します。
※「MCIスクリーニング検査」と「APOE遺伝子検査」は1回の採血で同時に検査することができます。

  • 1.診察時には、患者様のご希望を詳しくお聞きし、できるだけ治療に反映できるように努力しています。場合によっては、他の適切な検査や治療法を提案させて頂くことがあります。
  • 2.麻酔は、点眼麻酔と塗る麻酔ジェルを使用し、注射の痛みを軽減するようにしています。
  • 3.注射針は、極細の針を使用してさらに痛みの軽減を図っています。
  • 4.手術時は、声かけをして、患者様の不安感をできるだけ取り除くように努力をしています。
  • 5.手術後はすぐにまぶたを冷やしていただいて、腫れを最小限に抑えるようにします。
モバイルサイト|PCサイト
各種クレジットカードがご利用いただけます。
診療時間のご案内
自由診療・・・予約優先制(当日予約可)
保険診療・・・予約なし可
※施術は予約制
診療時間を拡大する。
休診日:第5土曜日、第5日曜日、祝日
携帯・PHSからでもご相談いただけます。
メールでのご予約・お問い合わせはこちらから

は休診日です。

ページの終了